コラーゲン注入のアレルギー反応

| コメント(0) | トラックバック(0)

コラーゲンは約5%でアレルギー反応を起こすため、アレルギーテストが必要です。アレルギーテストは結果がでるまで1ヶ月間必要です。アレルギーテストが陰性でもアレルギー反応が出ることがあります。

コラーゲン注入でアレルギー反応が起こると、
・ 痛み、発赤、かゆみ、腫れ
・ 注射部位が硬くなる、塊になる
・ 皮膚の表面がむける(皮膚潰瘍)
・ 皮膚の変色
・ 瘢痕化(傷跡)
といった症状が出現します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.injection.jp/MT/mt-tb.cgi/7

コメントする