タッチアップで効果長持ち

| コメント(0) | トラックバック(0)

『レスチレン(ヒアルロン酸)を注入して4.5~9ヵ月後に
レスチレンを追加注入(タッチアップ)すると、
効果が18ヶ月持続する』

というヒアルロン酸に関する注入法が去年(2008年)10月にFDAに承認されました。※

75人の患者さんのほうれい線にヒアルロン酸を注射。
4.5ヵ月後に片方、
9ヵ月後にもう片方に追加注入したところ、
4.5ヵ月後の方は97%で
18ヶ月(1年半)後も効果が持続していたそう!

4.5ヶ月と9ヵ月後では大きな差が見られなかったそうです。

私は経験的に、
「ヒアルロン酸がまだ肌に残っているうちに追加注射すると効果が長く持つ」
と感じていましたが、
それが実際にFDAで認められたので、
これからは患者様に自信を持ってお話できますヽ(○´3`)ノ

なぜこの方法だと長持ちするのか、
機序はまだ、分かっていないようです。

この論文ではレスチレンが使用されていますが、
きっと製剤の種類によって、追加注入の期間が異なるのだと思います。

目元に使用するような柔らかいヒアルロン酸であれば、
9ヶ月では遅すぎるので、
2~3ヶ月など
もっともっと短いスパンで追加する必要があるのだろうと思います。

これはまた、自分に試してみますね(*゚ー゚*)

ヒアルロン酸注射

※ New study demonstrates that the effect seen after initial treatment with Restylane
persisted for up to 18 monthes with one repeat treatment. FDA approves PMA
supplement for Restylane. Rhoda S. Narins, MD, et al. Dermatology Surgery 2008; 34: S2-S4

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.injection.jp/MT/mt-tb.cgi/54

コメントする