ヒアルロン酸を個人輸入して、自分で顔などに注射する人々のことが
日本美容外科学界で問題提議されました。

ヒアルロン酸注射は、とても繊細な治療だと私は思っています。
選ぶ製剤や、注射する場所、注入のやり方によって
全く違う結果となります。
美しく仕上げるためには、センスとテクニックが要求されます。

不適切なヒアルロン酸注入のために凸凹ができてしまい、
5年経過してもそれが消えない、と困って来院された患者様を
拝見したこともあります。
(このケースは医師による注射でしたが...)

ヒアルロン酸注射の大きな副反応には
異物反応によるしこり(異物肉芽腫)や
ヒアルロン酸を血管内に注入してしまうことによる皮膚壊死などがあり、
こういう反応が起こると、消えない傷になってしまうこともあります。

プチ整形と呼ばれる治療は手軽なイメージがあるかもしれませんが、
一定のリスクがあります。

私達医師は、解剖学など専門的な知識を何年もかけて勉強した上で
リスクを最小限に抑えてキレイに仕上がるよう努力しています。
ヒアルロン酸に関しては、どうぞ専門の医師にお任せ下さい。

| コメント(0) | トラックバック(0)

『レスチレン(ヒアルロン酸)を注入して4.5~9ヵ月後に
レスチレンを追加注入(タッチアップ)すると、
効果が18ヶ月持続する』

というヒアルロン酸に関する注入法が去年(2008年)10月にFDAに承認されました。※

75人の患者さんのほうれい線にヒアルロン酸を注射。
4.5ヵ月後に片方、
9ヵ月後にもう片方に追加注入したところ、
4.5ヵ月後の方は97%で
18ヶ月(1年半)後も効果が持続していたそう!

4.5ヶ月と9ヵ月後では大きな差が見られなかったそうです。

私は経験的に、
「ヒアルロン酸がまだ肌に残っているうちに追加注射すると効果が長く持つ」
と感じていましたが、
それが実際にFDAで認められたので、
これからは患者様に自信を持ってお話できますヽ(○´3`)ノ

なぜこの方法だと長持ちするのか、
機序はまだ、分かっていないようです。

この論文ではレスチレンが使用されていますが、
きっと製剤の種類によって、追加注入の期間が異なるのだと思います。

目元に使用するような柔らかいヒアルロン酸であれば、
9ヶ月では遅すぎるので、
2~3ヶ月など
もっともっと短いスパンで追加する必要があるのだろうと思います。

これはまた、自分に試してみますね(*゚ー゚*)

ヒアルロン酸注射

※ New study demonstrates that the effect seen after initial treatment with Restylane
persisted for up to 18 monthes with one repeat treatment. FDA approves PMA
supplement for Restylane. Rhoda S. Narins, MD, et al. Dermatology Surgery 2008; 34: S2-S4

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヒアルロン酸注入は、施術者によって仕上がりに大きな差が出ますが、目の周りは特に繊細なテクニックを要する場所ですから、大満足の結果になることもあれば、思い描いていた結果と全く異なる仕上がりになることもあります。


◎ まずは製剤選び

肌やくまの状態に合わせてヒアルロン酸を選びますが、基本的には柔らかい製剤を使います。柔らかい製剤を適切な部位に注入すると、凹凸感はごくわずかで、人に気付かれることもありません。治療後の腫れもありません。

仕上がりよりも持ちを優先される方には、やや硬めの製剤がお勧めです。硬めの製剤は、もちは非常に良いですが、柔らかい製剤に比べると、凹凸感が多少残ることがあることと、治療後3日間はたいてい腫れます。仕上がりのことやその後のことを考えると、やっぱり柔らかい製剤をお勧めしたいところです。


◎ 治療は基本的に座って行う

実際の施術は、基本的には座った状態で行います。
横になると、重力により、しわやたるみの感じが変わってしまうからです。


◎ リタッチする
目の周りは、1度に多くのヒアルロン酸を注入するのではなく、キレイになるまでまず注入してみて、1週間程度様子を見て、必要であれば再度注入する(リタッチ)方法がお勧めです。この方が自然にきれいに仕上がることが多いからです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

目尻のしわは、ヒアルロン酸注入よりもボトックスの方がキレイに仕上がりますし、効果的です。

ただ、何らかの理由でボトックスが受けられない方や、ボトックスの後も深いシワが残ってしまう場合はヒアルロン酸を注入します。

winkle_budore.jpg arw05.gif winkle_after.jpg
治療前 目尻にヒアルロン酸を注入しました
| コメント(0) | トラックバック(0)

目の下のくまやたるみは、疲れ・老け・怖いといったネガティブな印象を相手に与えがちです。
くまはヒアルロン酸で手軽に明るくできます。

目の下のくまは、大きく分けて下の4種類。

1) 骨格の問題で、もともと目の下に影があるタイプ
2) 年齢とともに目の下に脂肪がたまり、それが影を作っているタイプ
3) 色素沈着
4) 血流が滞ってできるくま

この中で、指で下方に引っ張ると目立たなくなる1)2)のくまにヒアルロン酸注入が効果的です。

下の写真は38歳女性ですが、ヒアルロン酸を注入したことによって、目元が涼やかになり、全体的にソフトな印象になりました。

治療前 → 目のくまにヒアルロン酸注入後
| コメント(0) | トラックバック(0)